• クラウドの勤怠管理ソリューション

    勤怠管理を紙やExelでやっていると、多くの時間と人手が必要になります。



    ルールと手順は決まっているのに人手でやらなければいけないと思い込んでいると、業務は効率化できません。


    これを自動化してシステム化してしまえば、出退勤管理から残業計算、資料作成まで簡単に終わらせることが可能です。

    例えばオフィスなら自席のパソコンから打刻できるようにして、外出先ならスマートフォンやタブレットで打刻、工場ならタイムレコーダーで、店舗なら指静脈認証で打刻できるようにすれば、収集や入力作業は不要になります。
    申請と承認が簡単にできれば、確認などのやり取りも簡単にできます。
    正社員やアルバイト、パート、派遣社員など複数の雇用体系がある会社でも、それぞれに合わせて確認できる勤怠管理システムもありますし、変形労働時間制やフレックスタイムなどの労働時間制度に合わせて使うことも可能です。


    クラウドの勤怠管理だと、有給集荷の消化義務など、新しい法改正のルールにもすぐに対応することができるので、導入したのにソフトがついていけないというトラブルも起こりません。


    労働時間を簡単に管理することができるので、ストレスチェックが義務化された現在のメンタルヘルスにも役立ちます。



    社員が規定残業時間を超過していないかを自動的に知らせてくれるので、過重労働を防いで高ストレス者を減らすことに繋げられます。
    ITに不慣れな社員でも簡単に打刻できるシステムが搭載されているクラウドの勤怠管理システムを選べば、職場の業務効率化にすぐにつなげることが可能です。



  • 知りたい情報

    • 勤怠管理は社員の勤務状況を管理することです。社員1人1人が1ヵ月で何時間働き、どんな勤務形態で働いているかを管理、把握することです。...

  • 意外な真実

    • ブラック企業と呼ばれている企業は、勤怠管理が素末なものであり、労働基準を無視した働き方を強要しています。あるいは、しっかり働いているように見せかけ、サービス残業を強要している企業もあるでしょう。...

  • ITの秘訣

    • 一般に勤怠管理とは、従業員の出勤時間や退勤時間、欠勤や休暇の取得を正確に把握することです。会社は勤怠管理を行うことで、残業代を計算したり有給が何日残っているかなどを計算することは、会社にとって重要なことで、法令でも定められています。...

  • 納得の情報

    • バブルの時代やそれ以前においては社員は残業をいとわず働いていました。会社も違法な残業と知っていても黙認していました。...