• 勤怠管理のルールと最新方法

    一般に勤怠管理とは、従業員の出勤時間や退勤時間、欠勤や休暇の取得を正確に把握することです。

    会社は勤怠管理を行うことで、残業代を計算したり有給が何日残っているかなどを計算することは、会社にとって重要なことで、法令でも定められています。
    会社側は主にタイムカードと呼ばれるICカードなど、客観的な記録を主なデータとして計算しています。

    ですが出張などでの外出、トイレ休憩などすべてを把握することはタイムカードだけでは難しいです。



    そこで国では、自らも出勤時間を確認し、記録することを推奨しています。

    会社側と自分双方で時間を把握することで、厳密に勤怠管理を行うことができます。



    現在勤怠管理をより厳密に行うために、スマートフォンのアプリやパソコンのソフト、クラウド技術を使って、より簡単に管理を行うことできるようになりました。



    スマートフォンなどのデバイスを使い、一回タップするだけで休憩時間を会社に知らせることができたり、GPSを使って実際に今どこで何をしているのかを会社にデータとして送ることが可能になりました。これは自らの勤怠時間を把握するだけではなく、会社もどこで時間を無駄にしているのかがわかります。
    リアルタイムで情報を把握できるので、無駄を大幅に削減できることが可能です。
    現在法令などで厳しく定められている勤怠管理をよりスムーズに、効率的に行うことができるようになったのは、会社と自分の双方に良い影響を与えてくれます。