• 企業における勤怠管理の重要性

    勤怠管理は社員の勤務状況を管理することです。

    社員1人1人が1ヵ月で何時間働き、どんな勤務形態で働いているかを管理、把握することです。
    昔はタイムカードで管理するケースが多く、前月以降でしかその人の勤務が管理できない状態でした。そんな状態でも問題ありませんでした。

    しかし、近年の勤怠管理ではその人がどんな勤務、労働時間なのかをリアルに管理することが企業には求められています。

    その背景としては、違法な残業時間が横行し、残業の増加が原因でうつ病を発症したり、自殺をしたりする人が出てきたからです。


    また、これが労働災害として認定され、企業に是正が求められたりします。



    また、自殺したりしたケースですと企業のイメージダウンはもちろん、社長が引責辞任をしたりと企業の業績に影響するからです。
    勤怠管理は単に社員を管理する、給与を払うだけのシステムではなくなってきています。



    勤怠管理に必要なシステムとしては、まず、リアルタイムに社員の労働時間が把握できることが必要です。
    昨日の社員労働時間が何時間であったか、何時から何時まではいたらいたのかがわかることが必要です。

    本社と事業所が離れているから管理ができないという言い訳が成り立たなくなってきています。



    ですので、本社と事業所をオンラインでつなぐなどしてリアルに管理できる、本社とオンラインでつながっていないのなら、事業所から本社に毎日報告されるなどの方法が必要です。

    勤怠ができていないことで、企業イメージがダウンし、社員、アルバイトの募集ができず、事業所での経済活動ができないなんてことにもなりかねません。


    勤怠管理ができ、社員が管理できることが会社を選ぶひとつにもなってきています。