• 社員の勤怠管理の必要性

    バブルの時代やそれ以前においては社員は残業をいとわず働いていました。会社も違法な残業と知っていても黙認していました。
    昔の社員はそれが当然ことと考えて、長時間残業も関係なく働いていました。



    しかし、近年それがかわりつつあります。長時間残業で体を壊したりする社員、ストレスから病気になる社員、最悪、うつ病になり自殺する人も出てきています。

    その原因の一つが長時間残業です。残業を悪としているのではなく、長時間体を壊すまで働くことは社員にとってもよくありません。



    また、会社側も働く前線の社員を失うことは損失になります。

    そんなことをなくすためにも勤怠管理は必要になります。勤怠管理では社員が毎日何時間働き、1か月の残業時間がどれくらいなのかを直属の管理職はもちろんですが、本社の人事部門も把握できなくてはいけません。

    政府も長時間残業をなくすような取組みをしています。
    また、有給休暇がなかなか取れないのも日本の会社の悪い風習です。その風習を法律で改善するような法律の改正案も検討されています。

    長時間残業、有給休暇を管理するためにも勤怠管理システムは必要となります。長時間残業による過労死は労災にも認定され、会社は監督官庁から指導を受けますし、社長は社会的な責任から辞任するケースにもなります。もちろん、そんな会社には新入社員は集まってきません。



    今までの経済活動優先の会社から、社員を大事にする会社にするためにも勤怠管理は必要になります。