• 勤怠管理で働き過ぎを回避しよう!

    ブラック企業と呼ばれている企業は、勤怠管理が素末なものであり、労働基準を無視した働き方を強要しています。

    あるいは、しっかり働いているように見せかけ、サービス残業を強要している企業もあるでしょう。



    これでは社員が体を壊す結果となり、売上げや信頼にダメージを与えることになります。



    また、他の企業からも信頼されなくなる可能性が高くなり、新卒採用によって新しい人材の確保も難しくなります。

    このように、ブラック企業であることはマイナス効果でしかないので、勤怠管理を徹底し、労働基準を満たした働き方を適用しているアピールをしましょう。


    勤怠管理を徹底するためにも、社員にアンケートを実施し、サービス残業等の強要がないかを確認しなければなりません。



    コンピュータによって管理されていたとしても、バレないように利用されていれば意味はないです。
    この問題点は、社員から情報をもらわない限り、その状況を暴くことはできないでしょう。


    上司に脅されているような状況だったとしても、それを暴かなければブラック企業のレッテルを剥がすことはできず、勤怠管理を徹底することはできません。場合によっては、会社内にカメラを設置し、しっかり労働基準を守って働けている様子を観察すると良いでしょう。

    映像による証拠と勤怠管理データによって裏付けされ、社員一人一人が守られていることを証明できます。

    管理されている中で働くことはストレスになりますが、体を酷使することがなくなるので、良い手段と言えるでしょう。